不動産購入

~お引き渡し~

 

 お引き渡し=残金決済のことです。 

契約が締結されてから早くて1,2週間後、

住宅ローンや売主さんのお引っ越しがある場合は1ヶ月後くらい、

までにはお引き渡しができるように手続きをすすめます。

住宅ローンを利用される方は、契約書や必要書類を金融機関に提出しローンの本審査の申し込みをします。
本審査が通ったら、金融機関と金銭消費貸借契約を締結し決済日に合わせ融資を依頼します。

お引き渡し当日は、
ローンを利用される場合は申込み金融機関で、現金の場合は不動産会社や司法書士事務所で行います。

流れとしては、
まず司法書士に対する委任状の署名・捺印、必要書類を渡します。
所有権移転をするための書類が全て揃い、司法書士の確認が取れた段階で残代金や清算金の授受を行います。
金種は、現金や小切手、ローンの場合はお振り込みになります。

売主さんから領収書をもらえば、晴れてご自身の所有となります。

所有権移転が終わってから2,3ヶ月後には、

財務事務所より取得税が課税されますので覚えておいて下さい。

以上長くなりましたが、お読み頂きありがとうございました。

皆さんが、楽しくマイホームの取得ができるよう

これからもお役に立てる情報を公開していきたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。