市場状況

 

 ここでは、入居時の築年数についてまとめてみました。

 

まず、全体のデータです。

1.10年以下(27%)

2. 5年以下(16%)

2.15年以下(16

4.20年以下(13%)

5. 3年以下(11%)

6.20年超え(10%)

7.新築    (7%)

 

次に男女別です。

男性

1.10年以下(28%)

2. 3年以下(16%)

2. 5年以下(16

2.20年以下(16%)

5.新築    (10%)

6.15年以下( 8%)

7.20年超え( 6%)

 

女性

1.10年以下(26%)

2.15年以下(24%)

3. 5年以下(16

4.20年超え(14%)

5.20年以下(10%)

6. 3年以下( 6%)

7.新築    ( 4%)

 

となっています。

男性の方が女性よりも築浅を選んでいるようです。

女性は、築年数よりも家賃を優先させているのかもしれません。

最近では、古いアパートをフルリフォームしているお部屋も増えてきたので

そういった事情もあるかもしれません。

 

では、お部屋を探す際の希望の築年数についてです。

まず全体では。

1.新築    (28%)

2. 5年以下(24%)

3.10年以下(22

4. 3年以下(15%)

5.15年以下( 6%)

6.20年以下( 3%)

7.20年超え( 2%)

となっています。

 

男女別です。

男性

1.新築    (36%)

2. 5年以下(24%)

3.10年以下(20

4. 3年以下(12%)

5.15年以下( 4%)

6.20年以下( 4%)

 

女性

1. 5年以下(24%)

2.10年以下(24%)

3.新築    (20

4. 3年以下(18%)

5.15年以下( 8%)

6.20年超え( 4%)

7.20年以下( 2%)

 

となっています。

女性の場合、

やはり家賃を優先させていることが伺えます。

男性では新築思考が36%なのに比べ、

女性は20%、

5年~10年以下でもきれいであれば、

家賃が安い方がいい、ということなのでしょうか。

男性ではない20年超えでも4%いるということは、

やはりお部屋をどれだけきれいに、

尚かつ設備や雰囲気で勝負するかなのでしょう。

 

伊東市内の場合、

ハウスメーカーの建てたお部屋と勝負できる!

お部屋にすることがまず第一かもしれません。

最近では宇佐美地区にハウスメーカーの建てた

新しいアパートが増えてきましたので、

これを参考に募集条件を調整してみてはいかがでしょうか。

 

では、次に最寄り駅からの距離についてまとめてみました。