伊豆伊東市の[地域密着アットホームな不動産会社]尾崎住宅販売 伊豆セカンドライフ_49_2
伊豆セカンドライフ

 さて、伊東でのセカンドライフを考える上で一番の問題は住宅だと思います。

せっかく伊豆に移り住むんだから、

温泉があって海が見えて、お庭では畑やガーデニングも楽しめて。

キッチンは対面式で、LDKは20帖以上あったら嬉しいわ。などなど、

夢と理想は膨らむばかりだと思います。

 

新築するのであれば、

それも叶えられると思いますが、

限られたご予算の中で、希望の住いを探そうと思ったら、

かなり厳しい実情が待っているかもしれません。

 

また、現実的には60代で移り住んだ場合、

体が元気なうちは楽しめるかもしれませんが、

10年後20年後と、年をとってから伊東での生活は

肉体的にも精神的にもしんどいかもしれません。

 

車は必須ですし、

バス便だとしても本数が少なく、

回りは坂と階段だらけ。

都会と比べたら、

お年寄りに優しいまちではないと思うかもしれません。

ただ、回りには自然が広がっているだけ。

夜は真っ暗だし、一人じゃ恐いし寂しいし。

 

そこで考えなくてはならないことが、

伊東に何年住むのか、ということだと思います。

 

一度しかない人生、

セカンドライフは伊豆で、

サードライフは生まれ育った故郷で、

というのが僕の持論です。

 

故郷がない方は、

慣れ親しんだまちでもいいかもしれません。

やはり、毎日の生活は

慣れたところが一番楽なものだと思います。

 

話がそれましたが、

まず伊東に何年住むのかを決めて計画実行、

10年なら、10年後には故郷又は都会に行く計画を立て、

その資金も見据えて住まい探し。

 

自由を優先させるのであれば、

賃貸がおすすめです。

賃貸の場合、

嫌になったら解約すれば終わります。

相続にもかかりません。

 

ただし、理想のお住いは見つからないかもしれません。

別荘地内での貸家は数が少なく、

きれいな状態のものは本当に稀少です。

 

さて、皆さんはどうお考えになりますか。