自己紹介

~大学時代~

 

大学は不動産屋になるべく法学部に進学。

 

このときの選択基準は、

 

自分の偏差値とバドミントン部がないこと。

 

不動産屋を目指す以上はバドミントンのない環境を選ぼう、

 

なんて生真面目なもったいない考え方していました。

 

それが何故か休部状態だったバドミントン部を立ち上げることに。

 

母校バドミントン部の歴史は古く、

 

ここで育ててくれた監督やOBOGの方々、

 

一緒に部を立ち上げた先輩後輩達にはとても感謝しています。

 

大学の体育会には他にない厳しさとそれぞれの伝統があります。

 

それを肌で感じ、みんなで切磋琢磨できたことは、

 

人生においてとても大切な時間だったと思います。